札幌で美味しいものが食べたいなら二条市場

鮮魚 観光スポット

札幌に旅行に来た人の楽しみは観光ですが、それとともに美味しいものを食べるというのも旅行の目的の一つです。そんな人たちにおススメなのが、「二条市場」です。採れたての新鮮な海の幸が満載です。

二条市場の豊富な食材。おすすめは朝!

市場

二条市場はその名の通り、札幌の中心部にある南2条から3条にかけて多くの店舗が軒を連ねています。
北海道の海の幸を扱っている市場であり、大勢の観光客が訪れます。
時計台や大通公園のテレビ塔から歩いていけるため観光のついでに寄ることができます。
札幌市の地元民にとっても気軽に楽しめるグルメスポットになっています。

アーケードは全体が青色に統一されてインパクトがあり、一目で二条市場と分かります。
天井にはかつて漁で使われていた浮き玉をモチーフにした電球が掛かっており、またカニの形をした木製の看板が置かれていて、いかにも海というムードを漂わせています。

豊富な食材

二条市場であれば、北海道で採れる豊富な食材が全て揃っています。
ウニはもちろんのこと、カキやホタテなどの海の幸を堪能できます。また、二条市場だからこそできる食べ方がいっぱいあります。
例えば、焼きウニは鮮度が一番良い殻付きのまま出されます。
また、カキやホタテ、カニを店舗で買って、そのまま食べ歩きしながら店舗を見て回るのも楽しいものです。
イートインコーナーも併設されていて便利です。

二条市場は朝がベスト

二条市場の営業時間は店舗によって異なりますが、大体午前7時から夕方までです。
二条市場は観光客が多いため、営業時間の長い店舗もありますが、本来が市場であることから、午後になるとシャッターを下す店舗が出てきます。
従って、悔やまなくて済むように、午前中の早い時間に行くのがおススメです。

二条市場で新鮮な食事。おすすめのお土産は

海鮮丼
二条市場は新鮮な魚介類がたくさん販売されています。
販売だけでなく、その場で食べてみたいと思われる方も多いでしょう。そのような方の為に、二条市場には数多くの飲食店があります。
また家に買って食べてみたい方や、家族や友人知人にお土産を配りたいひとにおすすめの品をご紹介します。

海鮮丼など新鮮な魚が食べられる飲食店

二条市場には色々な食事を提供する飲食店が数多くあります。
特に、場所がら海鮮丼の種類が豊富になっており、中には店舗入口の外壁が海鮮丼のメニューで埋め尽くされているところもあります。
二条市場のメインストリートには海鮮丼の専門店、刺身や焼き魚などを出す食事処、
寿司屋などが並んでおり、中通りには喫茶店やラーメン店があります。

なお、飲食店もほとんどが午前7時には開いているため、大通公園や創成川を散歩した後、二条市場で朝食を摂る観光客が少なくありません。

二条市場なら、生モノが苦手でも、脂の良くのっているおススメの焼き魚がいっぱいあります。
ホッケやシャケは身が大きく、また脂ののりも良いため、ご飯が進みます。
また、北海道のつぼ鯛は醤油をはじくほど脂ののりが最高です。
身がほぐれやすくて小骨がほとんどないため、小さい子供や高齢者にも安心して食べてもらえます。

お土産用の海産品

北海道へ旅行に来たお土産として、美味しい魚介類を探す人が多くいます。
北海道土産といえば何と言ってもカニですが、二条市場では毛ガニやタラバガニ、ズワイガニ、花咲ガニなど多くの種類があり、時期によって並ぶカニの産地が変わります。

タラバガニは大きくて迫力があるため、一番人気になっていますが、お手頃な価格で買えるのは毛ガニです。
毛ガニは味噌が濃厚で殻が薄く、食べやすいのが特徴です。
なお、夏であれば、北海道東部で獲れる花咲ガニが出回ります。

また、土産物として人気の高いものには他にも、牡蠣やホタテ、ホッキ貝などがあり、二条市場では水槽に入った貝類をよく見かけます。
中でも、噴火湾や猿払で獲れるホタテは独特の甘みが濃厚で、人気が高くなっています。
そして、海のミルクとも呼ばれる牡蠣は、日本海側の寿都町や太平洋側の厚岸町、オホーツク沿岸のサロマ湖産がよく売れています。