子供と一緒に楽しめるサンピアザ水族館

サンピアザ水族館1 遊び

札幌市にあるサンピアザ水族館はJRや地下鉄のそばにあり、アクセスが良いので気軽に行けます。
また、大型商業施設の新札幌アークシティサンピアザに併設されていることから、ショッピングのついでに立ち寄ることもできます。
それほど大きい水族館ではありませんが、200種10000匹の生き物の展示の他に体験コーナーもあり、子供も親も十分に満足感を得られます。

様々な種類が見れる展示コーナー

サンピアザ水族館の魚
展示コーナーでは様々な種類の魚を見られます。

2000匹の魚が泳ぐ水槽

1階の中央に黒潮の海を再現した大きな水槽があります。約2000匹の魚がおり、魚に混じってエイやサメが目の前を悠然と通り過ぎていきます。
また、珍しいナポレオンフィッシュも現れ、色々な魚の姿を見ているだけで時間の経つのを忘れます。

幻想的なクラゲコーナー

ライトに照らされてフワフワと泳ぐミズクラゲは幻想的な世界を漂わせており、しばしの間、心が癒されます。

珍しい魚の発見

チョッと驚くのがナマズ目の淡水魚であるトランスルーセントグラスキャットです。
頭の部分以外が透き通っており、体の骨がそのまま見えます。その不思議な姿につい見とれてしまいます。

北海道の代表的な魚の展示

2階には、北海道を代表するサケやイトウが展示されています。
サケの水槽では、稚魚から成体まで成長度によって3つの水槽に分かれており、成長する過程を観察できます。
なお、売店では、サケに与えるエサが販売されています。

魚を触って体験コーナー

水族館の中でも子供たちに人気なのが体験コーナーです。

タッチングプール

タッチングプールでは、ヒトデやカニ、巻貝などに触ったり持ったりして直接観察できます。

魚が触りにくる水槽

古い角質を食べてくれることで有名なガラ・ルファ(ドクターフィッシュ)に手をきれいに掃除してもらえます。
水槽の横に手を入れられる挿入口があり、手を入れると魚が寄ってきて角質をつついてくれます。
魚につつかれるとくすぐったく、子供よりママの方が喜んでいます。

カワウソと握手

サンピアザ水族館でのおススメの体験が、コツメカワウソとのふれあいコーナーです。
なんとカワウソと握手できる場所として人気で、そのしぐさに思わず笑顔に。

魚の餌付けショー

日曜・祝日は、1階の回遊水槽でマリンガールによる魚の餌付けショーが行われます。マリンガールが現れると、魚たちが一斉に寄ってきます。
魚たちが人魚に戯れているようで、まるでアニメを見ているような感じです。

イシダイのサーカスショー

イシダイが4つ水槽の中で以下の芸を披露します。

  • 人形を押し出す大相撲
  • 箱のフタをつついて開ける大切なもの
  • 並べられた輪をくぐる輪くぐり
  • ゴルフボールをつついて穴に入れるゴルフ

なお、きちんとするかどうかは、イシダイの気持ち次第です。

デンキウナギの放電実験

デンキウナギの水槽に巨大な電球があり、放電すると明かりがつく仕組みになっています。
また、ウナギが放電した発電量が一目で分かるようになっており、エサをあげた時の放電の様子を確認できます。

かわいい動物を見学

サンピアザ水族館には魚だけではなく、かわいらしい生き物もいます。

ペンギン

水族館に付き物なのがペンギンです。2階のペンギン水槽では、イワトビペンギンやケープペンギンが遊んでいます。
土日・祝日には、ペンギンが館内を案内するペンギンガイドツアーが開催されます。
トコトコ、ヨチヨチ歩くペンギンの愛嬌ある姿を間近に見られます。

ゴマフアザラシ

サンピアザ水族館で一番大きいのがゴマフアザラシです。つぶらな目で見つめられると、こちらが恥ずかしくなります。