札幌で海の幸を味わえる居酒屋「海味はちきょう」

居酒屋 レストラン・カフェ・居酒屋

北海道は新鮮な海の幸が豊富なので海鮮系の居酒屋は山ほどあります。
そんな中で私がだんとつでおすすめする海鮮居酒屋が「海味はちきょう」です!

はちきょうは札幌でも人気のお店で、南3条西3条にある本店の他に「別亭おやじ」や「いくら御殿」など系列店が4店あります。私がよく行くのは本店の隣にある別亭おやじです。

はちきょう別亭おやじの店内のいいところは席がテーブル席とカウンター席だけというところです。
他のお店は座敷や掘りごたつの席があってそれはそれでいいんですけど、靴を脱いで上がるのが苦手な人もいるので私ははじめての人を連れて行く時は別亭おやじに行きます。

店内には大漁旗や浮き輪、海に浮かべるガラス玉などが飾られていてまさに漁港や海を彷彿とさせる港町の居酒屋の雰囲気です。

はちきょうは海の幸が盛りだくさん!おすすめ「つっこ飯」とは

つっこ飯

はちきょうで出される魚介類は羅臼など北海道の名漁港でとれたこだわりの食材ばかり。肉厚で大きなホッケに新鮮なお刺身の盛り合わせなど「これぞ北海道!」という海の幸がたくさんそろっています。

居酒屋なのでもちろんその他のおつまみも充実、北海道名物の鶏ザンギやイカの塩辛が添えられたじゃがバターなどこちらも北海道らしいメニューが揃ってます。

そして、私のはちきょうの一番のおすすめメニューがつっこ飯!つっこ飯というのはいくら丼のことなんですが、はちきょうのいくら丼は他ではちょっと味わえないお楽しみがあるんですよ。

注文するとご飯が盛られた器と、それとは別の容器にたっぷり入った大量のいくらが運ばれてきます。そしてテーブルにおいてお客さんの目の前でご飯の上にたっぷりのいくらを盛ってくれるんです!

お店の方に「ちょうどいいところでストップって言ってくださいね」って言うわれるんですけど、もちろんストップって言ったらだめです。ストップって言わなくても店員さんがこれでもかっていうくらいたんまりイクラを盛ってこぼれ落ちる寸前くらいで止めてくれます。

ご飯にいくらを盛る時は店内中に響き渡る「おいさー!」「おいさー!」という威勢のいい掛け声で盛り上げてくれるのも見ものです。もちろんいくらは北海道産、きれいなオレンジ色に輝いていて、口に入れるとプチッとはじけるような弾力があって北海道だからこそ味わえる新鮮さを体感できますよ。

活気がある!賑やかなはちきょう

こんな感じではちきょうは店員さんの威勢のいい声があちこちで響いています。お店に入った瞬間から店員さんの元気な声に「あ~はちきょうだな~」と感じるくらい。なので、店内はかなり賑やかな雰囲気です。その賑やかさを楽しむというのがはちきょうの良さなんですが、かなり元気な感じなので静かにまったり会話をしたいという食事には向きません。

はちきょうは札幌の人もよくいくお店ですが、やっぱり喜ばれるのは北海道外から来た人を連れて行くときです。
北海道のおいしい海の幸をたくさん食べられるし、漁港の店の活気ある雰囲気を楽しめますからね。

私も東京から家族や友人が遊びに来る時は必ず1回ははちきょうに連れて行くんですがみんな楽しんですごく満足してくれます。そしていくら丼に感動してくれます!正直、はちきょうのいくら丼は何度みても興奮するのでいくら好きな人にとっては夢のような光景ですよ。

観光客にもおすすめのはちきょう!

私がはじめてはちきょうに行ったのは職場の上司に連れられて行った時で、旅行雑誌などではほとんど見かけなかったような気がします。もしかしたら雑誌などでも紹介されているのかもしれないですが、札幌には海鮮居酒屋がたくさんあるので気がついていませんでした。

なので、もしかしたらはちきょうは知らない人も多いかもしれないですが味と雰囲気は絶対間違いなしです!
私にとっては道外からのお客さんをもてなす定番の一軒なので、観光で札幌に行く時にはぜひ足を運んでもらいたいお店です。